採用もできる応募者管理ツール「キャリアクラウド」

採用もできる応募者管理ツール「キャリアクラウド」

セキュリティ

厳重なセキュリティと高い信頼性で、
大切なデータを守ります。

キャリアクラウドは、
高い信頼性を有するデータセンターで稼働し、厳重なセキュリティ体制と万全の管理体制を構築しています。
いつでも安心してご利用いただける
セキュアなクラウドシステムとして、個人情報を含む重要なデータを強固に守ります。

データセンターは
高い信頼性を誇るAWS。

キャリアクラウドはAmazonWebServices(AWS)をデータセンターとして利用しています。
AWSは世界的オンラインショップであるAmazonがもつデータセンター運用の設計、構築、運用のノウハウが詰まったサービスで非常に高い信頼性とセキュリティを有しています。AWSは金融庁の外郭団体である記入情報システムセンター(FICS)が策定したセキュリティに関する自主基準「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準」にも適合。その他第三者機関による信頼性の高さに対する認証・認定を多数受けています。

個人情報を保護する
万全の体制。

AWS上に構築している環境にはファイアーウォールで弊社環境からのみアクセスできるよう制限をかけ、サーバーへのアクセスは弊社システム運用担当スタッフに限定し、さらに、サーバーに保管されているデータへのアクセスは調査目的などお客様から依頼があった場合のみとしています。個人情報の取り扱いはプライバシーポリシーに従った運用を徹底しています。「株式会社Rootsプライバシーポリシー

キャリアクラウドを運営する株式会社Rootsは、プライバシーマークの使用許諾事業者認定を受けています。
【認定番号 10862490(01)】

万が一の時にも安心の
バックアップ対策。

障害や人的ミスなど、万が一のデータ損失に備え、二つの視点でバックアップ対策を講じています。データベースサーバのデータはリアルタイムに転送複製されているため、データベースサーバに障害が起きても複製からすぐにサービスを再開できます。また、一日一回以上のフルバックアップを行い、世代管理をしています。万が一、人的ミスなどでデータ損失が発生しても、データベースのデータについては過去2週間分の復元が可能です。バックアップデータはAWSが管理する極めて耐久性の高いストレージ(稼働率99.99%)に格納。障害によるバックアップデータ損失の確率はほぼゼロに近くなっています。

さまざまな対策で
不正アクセスを防止。

悪意のある第三者が不正にアクセスできるということはあってはならないことです。キャリアクラウドは、アプリケーションの脆弱性対策はもとより、様々な観点から不正アクセス防止対策を講じています。
1.すべての通信を暗号化
キャリアクラウドの通信は、共有ファイルと機能を問わずすべての通信をSSLにより暗号化されています。
2.脆弱性報告には迅速に対応
セキュリティ強化機能は随時実装を進めながら、脆弱性の報告にはトップレベルの優先度で対応し、迅速にサービス環境に反映する体制をとっています。

分散管理で
リスクヘッジ。

応募学生や社員の個人情報を扱うツールとして、毎日安定して使えることが基本です。キャリアクラウドは、AWS上で物理的に離れた複数のデータセンターに分散し、各種サービスを提供しています。
これにより、仮にもし物理的なデータセンターレベルの障害が発生した場合でも、片方のデータセンターにてサービスの復旧・継続が行えるようになっています。

サーバー監視は
24時間365日。

サーバーは24時間365日無停止で監視。
以上を検知した場合には、即座にシステム運用担当スタッフに通知されます。通知を受けたスタッフは状況にあわせて障害対応を行います。
平時より障害状況にあわせた対応マニュアルを整備し、迅速な復旧ができる体制を整えています。